いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

虐殺器官 / 伊藤計劃

 

虐殺器官 ハヤカワ文庫JA

虐殺器官 ハヤカワ文庫JA

 

本屋で見かけてから、タイトルや表紙のインパクトが強く、ずっと読みたいと思っていたのですが、先日やっと読了することができました。

現在より100年くらい後の世界のお話。

主人公は軍に所属する暗殺者です。彼に与えられた指令は、各地で意図的に起こされている虐殺の主犯格を暗殺すること。

ここでいう虐殺は人を1人殺すとかそういったものではなくてコソボヒトラーのように根絶が目的で徹底的にお互いが殺しあうものです。

主犯格は直接手は下さず、何らかの手を使って、お互いが殺しあうように仕向けているのです。

すべての人は指紋、網膜、体に埋め込んだIDチップなどで行動がチェックされているはずなのに、その主犯格はどういうわけかその網をすり抜けてしまいます。

彼を追っかけたり、途中で恋愛したり、母親の死について考えたり、そんな感じでお話が進んでいきます。

虐殺器官はいったいどこの部分なんだろうと思っていましたが、作品のなかほどでそれが何を指すのかわかります。

この人の作品は初めて読みましたが、読み終わった時の感想がとても難しいです。

ふつうは面白かったとか、感動したなどがあるのですが、虐殺の話や母親の死、少年兵などそれぞれのインパクトが強いものばかりなので、ポイントがどうも絞りきれないのです。

もう一回読まないとダメかなぁ。