いもじろうの読書ログ&プライムビデオ視聴ログ

人生最高の一冊と一本が見つかるまで

人間失格 / 太宰治

 

人間失格 (集英社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

 

  たった4文字なのに、ここまで衝撃的なタイトルの本ってこれ以外にありますか?


初読の時は、これを読んだら頭がおかしくなってしまうんじゃないかと、恐る恐る手に取った記憶があります。

読むたびに感想が違う本というのはやっぱりいい本なのかなぁ。



屋上で罪のアントを考えるあたりはとても印象的です。

太宰氏は生きることを罪と感じ、そのアントがわかればそれを実践したかったんだと思います。

そして罪のアントがわかれば入水自殺しなかったのではないか・・・なんて浅はかな考えをしてしまいます。


本の主人公は、解説に書いてある通り自分自身でしょう。

太宰氏は人生がぜんぜん楽しくなかったんでしょうね。


私はこんな刹那的にはいきられないなぁ。

毎日楽しくて仕方がないということはありませんが、何とかまあうまくごまかしながら暮らしています。


それにしても本の表紙はちょっとがっかりしています。。。


こんなうつむくような感じではなく、本文にあるように、顔は笑っているけど両手を握りしめている。そんな感じにして欲しかった。


次は、冒頭が超有名なあの作品だ。

この時代の本はほんといいなぁ。